仕事をやめる事と親の理解を気にする

仕事をやめる事と親の理解

仕事をやめる時は、両親にどのように話すか?

すごく気になりますよね。

私ワカイキリンは、以下の事を気にして

両親に話しをしました。

  • 機嫌のいい時に言う
  • 電話ではなく、直接言う
  • これからの考えを言う
  • 仕事をやめた後のお金の事を言う

まずは、1人に絞って母親から話しました。

「仕事をやめたい」

と言った後、母親は動揺していませんでした。

「仕事はやめた方がいいと思っていた」

と言っていました。

今までの体調の事を気にしていたようでした。

母親に話して気持ち的には楽になった

母親に話して気持ち的には楽になりました。

続いて父親に話をしました。

「そうか」という普通な感じでした。

父親も仕事を続けていく事を、

よくは思ってなかったみたい。

両親の気持ち

以前から両親の気持ちは知ってはいたけど、

仕事をやめる事に理解をしてくれたので、

よかったと思っています。

両親からすると、40代で無職になる事は、

不安もあると思うけど、50代で無職よりはいいかな。

と思っているようです。

数年の腰椎すべり症・腱鞘炎での、

体調の事も関係しているので、

仕方ないと思っているのだと思う。

旦那さんと両親

両親からは、旦那さんに悪いと思っているみたいです。

そうですよね。

旦那さんの給料で生活していく感じなのですから、

私も肩身が狭い感じはありますが、

仕事を転職する事しか考えていません。

少しゆっくりしたい気持ちもありますが、

転職に向けて頑張っていきたいです。

↓ランキングに参加しています。
いつもありがとうございます。両親の理解は大切。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

結婚生活ランキング